怖いカラコン依存症

以前はギャルの代名詞になっていたカラコンですが、カラコンはここ数年でかなりリーズナブルになってきており、メイク感覚で利用している方も多く今では一般のOLさんや主婦の方などにも大人気となっております。一度カラコンを付けてしまうと、簡単にデカ目効果を実感する事ができますので、カラコンを外した時の落差が大きくカラコンを付けてないと自信が持てない方が増えています。その為、カラコンを付けていないと人前に出る事が出来ないというカラコン依存症の女性が急増しています。

カラコン依存症がもたらす危険として最も大きいのは目への負担です。カラコンはそこまで長時間連続して付けられるような事を想定して製造されておりませんので、一日中付けっぱなしにしてしまったり、周りの方が寝ないから外せずにそのまま寝てしまったような場合には、眼球に傷がついてしまうなどのトラブルの原因にもなります。

カラコン依存症にならないためには、意識的にカラコンを利用しない時間を作る事です。知り合いに会いたくないような場合には、少し離れた街に行ってカラコンを外したり、大き目のメガネを付けてカラコンが無くても大丈夫な環境にあえて身を置く事がカラコン依存症の解消にはおすすめです。フォーチュンコンタクト