水道水での洗浄

カラコンを学校や会社でつけている時に、何らかの要因で取れてしまった場合には、ゴミやホコリなどが付いてしまったり、汚れてしまいます。その為、再びカラコンを目に入れる前に水道水などで洗浄されている方も多いと思いますが、カラコンを水道水で洗浄するのはNGです。

なぜカラコンを水道水で洗浄してはいけないのかというと、水道水には、アカントアメーバがいるからです。知ってのとおり水道水は塩素によって消毒されているのですが、水道水にいると言われているアカントアメーバは、この塩素では完全に消毒できずに生き残っている物もいます。このアカントアメーバは、コンタクトについたままで目に入れると、アカントアメーバ角膜炎という病気になってしまう可能性があります。

アカントアメーバ角膜炎は怖い病気です。初期症状としては、強い痛みや充血などの症状が現れ、そのまま放置してしますと、アカントアメーバ角膜炎が進行してしまい視力障害が現れはじめます。さらにアカントアメーバ角膜炎の症状がひどくなってしまうと角膜に穴があいてしまったり、最悪失明してしまう可能性がある病気です。もし落としてしまったらそのコンタクトは自宅で洗浄するか捨ててしまって、落としても大丈夫なようにメガネや代えのコンタクトを準備しておいてください。